MEMBER

松下 泰大

YASUHIRO MATSUSHITA

営業本部 北信越ブロック長 兼 金沢営業所 所長

2006年入社

自分を磨き続けていく
北陸のお客様から頼られる所長に!

普通の会社じゃ満足できない学生でした。

学生時代は競技スキーやパラグライダーなど、変わったスポーツに取り組んでいたせいなのか「普通の会社じゃ満足できない」という変わった就活生でした(笑)。当社は当時はまだ珍しかったグループワークなどを採用試験に取り入れていて、普通じゃない会社に出会えた!と思いました。選考過程では「華やかな仕事をしたいのであればヨソへ行った方がいい。でも、どこよりも成長ができて力も付けられる」と言われて入社を決めました。とはいえコンサルタントでの採用だったので、「華やかなんじゃないのか?」と淡い期待もありましたが、入社当初は面接での言葉通りの展開に。成果も出せず「自分は何をやっているんだろう」と悩んだこともありましたが、当時の上司から「まずは自分のキャラを知ってもらうつもりでお客さまと向き合ってみたら」とアドバイスをもらい、そこから随分と気が楽になりました。

北陸だけでなく全国の金融機関のサポートも。

そんな新人時代を乗り越えて、現在は金沢営業所のイノベーションプロデューサー(営業所長)として、北陸エリアのさまざまな業界・業種に関するコンサルティングを行っています。またそれ以外にも全国の金融機関のイノベーション推進をしていくために、全国の営業担当とプロジェクトチームをつくり、情報交換やネットワークをつないだ営業推進なども取り組んでいます。毎日、さまざまな業界・業種の企業に伺い、さまざまな方々にお会いする仕事ですから、日々、自分磨きをしながら自分の価値を高めていく必要があります。たくさんの本を読んで知識を習得し、仕事では失敗をしながらもスキルの向上を目指しています。そうやって自分の価値が高まっていくと、お客さまの業界・業種・企業規模などに合わせた会話をしながら、さまざまなアプローチができるようになります。それが大変なところであり、やりがいでもあります。